スウィーツ雑学‐スウィーツのお話

今年のクリスマスは…

2012年10月31日(水) 

 
 もうすぐオンラインショップでもクリスマス商品を
 アップいたします

 その前に…嬉しいお知らせです。
 今年はシュトーレンが初登場です!(1個 2500円)
 もちろんオンラインショップにも登場しますので
 もう少しお待ちくださいませ〜

  

 
 
 シュトーレンとは…
 ドイツ、アルザス地方発祥のクリスマスケーキ。
 カカオロマンスのシュトーレンはドライフルーツとナッツを
 たっぷり練り込んだ生地に粉砂糖をまぶしています。
 キリスト生誕時のおくるみをかたどったもの
(子どもがガーゼに包まれたイメージ)と言われています。
 この地域では11月からのクリスマスを待つ期間、アドヴェントの
 各週末に少しずつ食べるのが習慣のようです。
 
 シュトーレンはすぐに召し上がるよりも日にちがたつにつれ
 フルーツの風味が増して生地全体においしさが広がり
 しっとりいます。

 ちなみに、数年前我が家は別のお店で購入しましたが、クリスマスを
 待つ期間、ではなく…年末年始(冬休み)の朝食代わりになって
 いました
 コーヒーにもよく合いますよ〜

ページトップへ

マドレーヌのお話

2012年10月05日(金) 

 
 職人さんたちは当たり前のように専門用語を話しますが
 私の場合、家で作ってみる程度でお菓子の知識はほとんどないまま
 仕事を初めて十数年…なので
 図書館に行っては本を借りて読むことにしています。

 最近、初心に返ろうと思いフランス菓子の本を数冊借りてきたので…
 参考とさせていただき、お気にいりスウィーツからちょっと話を広げてみます。

 マドレーヌ
 日本でおなじみのマドレーヌはロレーヌ地方発祥です。
 せるくるで作っている「キッシュ」もそうですね〜

 「マドレーヌ」には起源については諸説があります。
 1.キリスト12使徒のひとり、聖ヤコブのシンボル、ホタテ貝に見立てて
  本物の貝殻を型に焼き、巡礼へ行く人々に配った。
 2.小説「三銃士」に悪党として描かれたレス枢機卿こと
  j.F.P.ド・ゴンディがコメルシーのお城に幽閉されたとき
  彼の料理人だったマドレーヌ・シナモンという女性が考え出した。
 3.同じくコメルシーで1755年、当時ロレーヌ公国を納めていた
  スタニスラス・レクチンスキー公のパティシエが大宴会の日に口論、
  そのまま出て行ってしまったので、慌てて居合わせた召使にお菓子を
  作らせた。それが大変好評でお菓子を作った召使のマドレーヌという
  名前を付けた。
 いろいろなエピソードがありますが、どれも想像すると楽しいですね〜
 ちなみに浄水浪漫は普通サイズもプチサイズも貝の形をしています

ページトップへ

お気に入りスウィーツΑ.泪疋譟璽

2012年10月02日(火) 


 今回のおすすめは…
 あまり知られていないかもしれませんが
 浄水浪漫にはおいしい焼き菓子がたくさん並んでいます。
 そのなかで…発見!!
 「プチマドレーヌ」です

 
 ↑これは「モカ」です♪
 
 貝の形をした一口サイズのマドレーヌ♪
 個人的にレモンの酸味を少〜し感じるマドレーヌが好きなのですが
 これはそんな感じ?!です。
 「モカ」は口に入れた瞬間にコーヒーの香りがするので
 お子様よりも大人の方におすすめです。
 女性としては、大きめで思わずこぼしてしまいそうな
 焼き菓子は手を付けにくいもの。
 一口でぱくっとできた方が良いですよね〜
 

ページトップへ

お気に入りスウィーツァ.轡腑灰薀泪蹇璽

2012年09月11日(火) 


 福岡は朝晩とても涼しくなり、今日に限っては
 日中も過ごしやすい一日です。
 関東は蒸し暑いと聞いていますが、季節の変わり目は
 十分ご注意くださいませ。

 ところで、今回はカカオロマンスのスウィーツです♪
 秋といえばやっぱり栗、芋、カボチャですね〜
 焼いても似ても天ぷらにしても…そしてもちろんスウィーツとしても
 おいしいって素晴らしいですね
 せるくるやはないちもんめでは早速マロンフェアを開催している
 ようですが、カカオロマンスにもあるんです
 すでにオンラインショップでも購入いただけるのですが…
 その名もショコラマローネです!
 
 

 このケーキ、約14儚僂如一見地味に見えますが…
 実はとっても濃厚なチョコレートケーキになんと9個も入っているリッチなケーキ
 栗を丸ごと食べるって本当に満足度120%です
 ちょっとお値段が高い感じがしますが、マネージャーも一押し!
 「食べたらわかる」と自信満々に話していましたので
 ぜひ敬老の日の贈り物にもどうぞ
 
 ショコラマローネのページはこちら♪

ページトップへ

│ カカオロマンスのこだわり │ お店紹介 │ 会社案内 │ オンラインショップ │ サイトマップ │ プライバシーポリシー │ 採用 │ 特定商取引に基づく表記