記事一覧

トリュフ・プラリネチョコレート ホワイトプラリネ

2013年05月13日(月) 

 
 いろんなチョコレートの文献やこだわりのある方のご意見による
 「ホワイトチョコレートはチョコレートじゃない!」と
 いわれることもあるようですが…
 カカオロマンスのお客様で、定期的に今回ご紹介する
 「ホワイトプラリネ」を10個単位でお求めになる方がいらっしゃいます。
 個人的にも大好きなチョコレートです。

  ホワイトプラリネ
 スイスのアルペンミルクたっぷりのホワイトチョコレート…
 「エーデルワイス」。
 ホワイトチョコレートは甘みが強い傾向があるので
 ウオッカを加えて、甘みを引き締めると共にミルクの香りが
 引き立つように仕上げました。
 
 ぜひホワイトチョコレートがお好きな方はお試しくださいませ

 
 ↑ホワイトというよりミルク色?!

ページトップへ

トリュフ・プラリネチョコレートのご紹介◆.好團螢奪

2013年05月13日(月) 


  スピリッツ
 ミセスブランデーの優しいイメージとは違って
 ダークなチョコレートと名前からして大人の味?!
 ダーククーベルチュールショコラ・フェルコールに
 キルシュを加え大人の香りに仕上げたトリュフチョコレートです。
 
 口の中で溶けると共に広がる豊なカカオの味とキルシュの香りを
 お楽しみください

 


ページトップへ

トリュフ・プラリネチョコレート紹介 .潺札好屮薀鵐如

2013年05月13日(月) 

 
 久しぶりの「チョコレートのお話」です。
 このコーナーでは、今回からカカオロマンスの
 トリュフ・プラリネチョコレートを1つ1つご紹介させていただきます
 記念すべく?!第1回目は…「ミセスブランデー」です
 
  ミセスブランデー
 カカオロマンス創業当時からのトリュフチョコレートのうちの一つ。
 スイス・フェルクリン社の代表的ミルクチョコレート・アンブラに
 生クリーム・ブランデーを加え、ヨーロッパの伝統的製法+最新の
 真空高速ミキサーで練りあげて作ります。

 原料チョコレートをスイスから博多港に直輸入するカカオロマンス
 らしさの一番出るベーシックなトリュフです。
 

ページトップへ

柏餅と粽のお話

2013年04月26日(金) 


 もうすぐこどもの日ですね
 こどもの日といえば…柏餅?!ちまき?!
 季節限定で、浄水浪漫と菓子工房はないちもんめでも
 販売していますが…

 柏餅に使われている「柏」という木は新芽が出てくるまで
 葉が落ちないところから、「家が絶えない」「後継者が絶えない」と
 され、武家にとっては縁起の良い木として考えられてきたことから
 用いられるようになったそうです。

 では「ちまき」は?!

 中国(楚)の国の詩人 屈原(くつげん)が陰謀により国を追われ
 川に身を投げてしまった日が5月5日。
 彼の死を悲しんだ人々が竹の筒に米を入れて川に投げ入れた
 ものが今のちまきの原形であるといわれています。
 
 小さいころに教わったことも、大人になって子どもたちから
 質問されると…うまく教えられなかったりしますが
 食べるだけでなく、子どもたちと一緒に由来を調べるのも
 楽しいですね
 

ページトップへ

│ カカオロマンスのこだわり │ お店紹介 │ 会社案内 │ オンラインショップ │ サイトマップ │ プライバシーポリシー │ 採用 │ 特定商取引に基づく表記